読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がちで?やっちゃう?

G'day徳島がお送りする徳島のローカルな情報

魅惑の味、やまきょうの徳島ラーメン

徳島県の皆さんが、もし「やまきょう」のラーメンを食べたことがないと言うならば、それはもはや愚の極みである。

 

徳島中華そば特集でも紹介されているこのお店。

 

やまきょう | 徳島ラーメン

「やまきょう」とは徳島県徳島市北矢三町にあるラーメン屋さんの名前だ。

四国三郎大橋を渡り、弁天橋を渡りきり坂を下りた左側の所にある小さなお店。

f:id:gdaytokushima:20160522163552j:plain

赤いノレンに目を惹かれる。

 

店に入るとまず左側には食券機があり、ここで頼みたいメニューの券を買うのだ。

f:id:gdaytokushima:20160522163631j:plain

中華そばを頼む。

最近は「こってり」味にもできるようになったみたいだが、今回はノーマルなラーメンをいただく。

 

少しばかり殺風景なお店ではあるが、ここの美味しさに惹かれ著名人たちも足を運ぶ。

f:id:gdaytokushima:20160522163637j:plain

たくさんのサインが。

 

少し待つと愛想のいい店員さんが運んできてくれる、これこそが今回のメイン。

f:id:gdaytokushima:20160522163559j:plain

中華そばである。

濁りのある色合いのスープに絡み合う麺とバラ肉が醸し出す味のハーモニー。

匂いも素晴らしく、見た目ほど味濃いものでもないのが特徴。

f:id:gdaytokushima:20160522163612j:plain

長時間煮込んだであろうこのバラ肉は麺との相性はバッチリなのだが、白飯との相性も抜群にいいという優れたバラ肉。

この肉のために足を運んでもいいというのも嘘にはならないだろう。

f:id:gdaytokushima:20160522163605j:plain

シャキシャキとしたもやしもネギも、この中華そばの魅力の内。

 

1杯650円と値段もお手ごろ。

麺の種類はストレートな細麺といったところだろうか。

濃厚なスープに魅了される徳島県民がほとんどだろう。

 

徳島ラーメンといえば卵をラーメンに入れるのが当たり前と言ったイメージなのだろうが、私はスープの味が消されるのを防ぐため「やまきょう」では入れないというツウな楽しみ方をさせていただいている。

 

洗練されたスープに卵を入れるのはもったいないと感じてしまうのだ。

それほどここのスープは絶品。

 

匂い、味、値段、ロケーションといった抑えるべきポイントを抑えられているこのお店は、G'day徳島での徳島ラーメンランキングでは常々上位の存在である。

 

また記録更新を図るため調査させていただこうと思っているので、楽しみにしていただきたい。

 

 

 

やまきょう

 

徳島県徳島市北矢三町3-7-11

088-633-9872

11am~(ラストオーダー19:00) ※売切れ次第終了

水曜日(祝日の場合翌日)

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

公式ホームページはこちら

http://tokushima1111.wix.com/gdaytokushima

こちらではお問い合わせや仕事依頼も受け付けているのでぜひ活用していただきたい。

 

 

twitterで今日もつぶやいている

twitter.com

facebook

https://www.facebook.com/Gday徳島-1720178394937841/?ref=aymt_homepage...

 

仕事依頼やリクエストはこちらへ

http://tokushima1111.wix.com/gdaytokushima#!blank/fuumh

 

 


By G'day徳島

[http://にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ
にほんブログ村]