読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がちで?やっちゃう?

G'day徳島がお送りする徳島のローカルな情報

マチアソビってなに?

マチアソビってなんだ?

G'day徳島の記者、DとTは学生時代はヤンキーや不良などグレたりはしなかったものの、コンビニでたむろしたり、10代でお酒を飲んでしまったり、真っ黒生地に金色のラインストーンが入ったジャージを着て50ccの原付バイクをふかし走らせてみたりなど、

 

一般的に言われるイキリだった

 

そんな私たちは当然アニメやオタク文化などには興味がなく、もっぱら興味があったのはクローズやドロップ(僕たちと駐在さんの700日戦争にもはまったコトもあった)などいたずらちっくだったり少し悪さをしちゃうようなストーリーを愛していたのだ。

 

f:id:gdaytokushima:20160503072348j:plainf:id:gdaytokushima:20160503072355j:plain

 

なので年に数える1〜2回もない徳島のビッグイベントのマチアソビにも全くと言っていいほど興味をもてなかった。

 

「コスプレしてるらしいぜ」「暇かよ」「女子多そうだから行こうぜ」など、アニメなどは関係なく一片の曇りしかない不純な動機で足を運んだことがある記憶しかないのである。

 

そんなマチアソビだが、まさに今のシーズン、ゴールデンウィークに開催されているらしいではないか。

商店街や駅前などを巻き込んでイベントを実施しているみたいで盛り上がってるようだが、どんな感じなのか、何をしてるのか、全然知らないので調べてみた。

ふむ、、

コレ持ってくのか?

渋滞まで起こしてしまうのか。。

動画づくりのワークショップ的なやつか?ふむふむ

イタイ!!!!!

 

この盛り上がり方は凄まじいな。。

そもそもなぜこんなに規模のでかいイベントを徳島なんかでやるのか。。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2009年4月に開設されたufotable徳島スタジオ (ufotable TOKUSHIMA) がプロデュースするイベント。初回開催は2009年10月。主催は回ごとに違うが、Vol.2よりufotable代表の近藤光が会長を務める「アニメまつり実行委員会」が主催に入っている。

 

元々は近藤光が阿波おどりアニメポスターの製作を徳島市観光協会へ提案したところ、それが契機となってイベントも協力することになった経緯がある。[2] 「マチをアソビつくす」ことをテーマとしており、大都市や他の地方都市ではできない徳島の地理・魅力を活用した企画が実施されている。 特定のコンテンツに偏重せず、毎回多様な業界人が参加しているのも特徴で、所謂アニメツーリズムの中でも珍しいイベントである。マチとは徳島駅周辺を現す県民ローカルワードであり、会場は駐車場やライブ会場のハンデがありながらもあえて眉山山頂や新町川周辺に設定されている。これは近藤光の「昔のようにマチに人々があふれるにぎわいをとりもどせたら」という思いが込められている[1]
2012年5月14日、マチ★アソビを円滑に開催し、徳島の新たなにぎわいと地域文化の創造、地域経済の活性化に寄与することを目的とする「NPO法人マチ★アソビ」[3]を設立。 代表は近藤光。 ウィキペディア参照

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

なるほど、この代表の近藤光さんという方が徳島出身ということもあるそうだ。

マチアソビの仕掛け人の近藤さんに、チームラボ代表の猪子さんも徳島県出身である。

 

なぜこんな田舎町にデジタルの天才たちが誕生するのかは謎だが、マチアソビについて多少は知れたので納得である。

 

ちなみにマチアソビの参加者は

 

徳島県民が65%を占めている。

 

 

By G'day徳島

[http://にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ
にほんブログ村:title]